カタツムリの作り方

★横浜市営地下鉄「センター北」駅より徒歩1分、中村瑠水子水引折方教室です★

たまには作り方のご紹介を。

IMG_0604-2.jpg



「水引の結びだけで完成する」作品は
私にとって気持ちの良いもの。

このカタツムリは水引1本のみ、
ワイヤーもボンドもその他資材も一切必要ありません。

【結びを楽しむ水引】をお試しくださるとうれしいです。


作り方

IMG_0645-2.jpg

水引1本(3尺=約90㎝)をピンクのラインのように
「の」の字を描く形にして、交差点から三つ編みの要領で編みます。

これは「稲穂結び」と言いまして、
三つ編みと異なりワイヤーなどを要せず
1本で完結、ほどけない結びです。

IMG_0646-2.jpg
手先(水引の端)の長さは、片側10㎝、もう片側は15㎝程度に。

IMG_0647-2.jpg

IMG_0648-2.jpg

15㎝の手先側からとぐろを巻くようにカーブさせます。
1周するたびに稲穂結びに手先を通します(A)。
巻き終わったら一旦手先を内側から頂点に出して、
(A)と離れた方向へ手先を通します。

IMG_0649-2.jpg


10㎝の手先はとぐろの下部に通して
さらに15㎝の手先に近づくように通します。

IMG_0650-2.jpg

2本の手先で「あわび結び(あわじ結び)」を作り、
残りの手先はそれぞれ「ひとつ結び」をしてカットしたら出来上がり
(「あわび結び」の説明は割愛させていただきますね)

IMG_0652-2.jpg


この作品は通常の講習サンプルではありませんので
ご紹介いたしました。

オリジナルですので商用でのご使用はお断りいたしますが、
どうぞ結びを楽しんでください。

SNS等でご紹介いただける場合は
ブログへのリンクや、「中村瑠水子デザイン」の表記をしていただけると嬉しいです





★ブログへのご訪問ありがとうございました★

●水引教室のホームページはこちら


●ワイヤーアートジュエリーのページはこちら

●Facebookページはこちら

●ネットショップ「Creema」はこちら

スポンサーサイト

tag : 水引 水引教室 習い事 ワークショップハンドメイド

生徒さんのノート

★横浜市営地下鉄「センター北」駅より徒歩1分、中村瑠水子水引折方教室です★


嬉しいお話


講習の際にたいていの生徒さんはノートをお持ちになります。

作り方等のメモ書きのみならず、私のトークまで書いてくださることは
本当にうれしいですね




画像はある生徒さんのノートです。

表紙に小さな「あわび結び」が

水引を楽しんでいらっしゃることが表れて嬉しいです


ご本人がおっしゃるには、
応援する野球球団ではないマークっぽくなってしまったことが気になると、、、

2冊目は好きな球団カラーでね




★ブログへのご訪問ありがとうございました★

●水引教室のホームページはこちら


●ワイヤーアートジュエリーのページはこちら

●Facebookページはこちら

●ネットショップ「Creema」はこちら

結び

★横浜市営地下鉄「センター北」駅より徒歩1分、中村瑠水子水引折方教室です★

P1110642-2.jpg


水引の講習で大切にしていることはいくつかありますが、
2つに絞ると

「結びにこだわること」と

「言葉を大切にすること」


結び=二つのものが結びつき新しいものが生まれる

そこに人間の生をも重ね合わせ、祈りに用いられたリ呪術的に使われたりもする。
ただ形作るのではない、という古人の精神性に関心を抱き続けたい、と思っています。
だから「結んで」作りたい、と日々思うのです。


言葉=言霊

結びも「産霊」と解されるように、日本語は「音」のことばですよね。
講習や制作のモチーフも、語源について調べたり推測するのはもちろん、
講習中の言葉もわかりやすく美しい音(言葉)を発することを心がけています。
(出来ているかどうかは生徒さんのみが知っている。。。)

ですが、私は言葉に関しては得意とは決して言えません。
話すときも書くときも、とても考え悩みます。
得意ではないので時間をかけて言葉を探します。
大切にしているのでね。


そんな私が感動した結びの言葉

「結びの定義」

分かりやすいのはもちろんです。
なにより、余計な言葉がなく美しく言葉が流れていくのです。

この感動を伝えるには、私の表現力では足りません!




今日のブログはちょっと熱くなりました。(実は)
こういう喜びが私の制作の芯になり、
ぶれない活動につながるのだと思っています。


明日からもがんばろう



★ブログへのご訪問ありがとうございました★

●水引教室のホームページはこちら


●ワイヤーアートジュエリーのページはこちら

●Facebookページはこちら

●ネットショップ「Creema」はこちら

赤い財布には?

★横浜市営地下鉄「センター北」駅より徒歩1分、中村瑠水子水引折方教室です★


【赤いお財布は良くないらしい】
と、赤い財布を持つ方からお聞きしました。

私はそういう事を気にするタイプではないのですが、
風水もベースは陰陽五行。
ではどう対策しましょう?と考えてみました。

お金は五行(五気)では「金気」です。
また、赤い色は「火気」

【火剋金(かこくきん)】=火は金を殺す

という関係にあるので、赤い財布は良くない、ということなのでしょう。


そこで今日のテーマは
『水引で作るお金のお守り【銭亀】ちゃんを何色で作るとよいか?』

IMG_0551.jpg

1、黒(紫)
黒は「水気」の色で、よく紫で代用されます。

【水剋火】=水は火を殺す
赤い財布(火気)の力を殺すために「水気(黒・紫)」の力に頼る、という考え方です。


2、黄色
黄色は「土気」の色です。

黄色い財布が良いと言われるのは、
【土生金】=土は金を生むという関係にあるからです。

その前に「土気」と「火気(赤い財布)」の関係はと言いますと

【火生土】=火は土を生む

という関係です。

あえて火気(赤い財布)の力を求めるように土気(黄色)を用い、
金気への循環を求める、という考え方はどうでしょうか。



剋する(殺す)ことでお金を求めるか、生かす(循環する)ことでお金を求めるか

赤い財布をお持ちの方に選んでいただきましょう

IMG_0552.jpg


ちなみに私のお財布のお守りの亀ちゃんは、
大好きなピンクと赤白のシマシマです

陰陽五行と全く関係なく私の好み

IMG_0555.jpg



★ブログへのご訪問ありがとうございました★

●水引教室のホームページはこちら


●ワイヤーアートジュエリーのページはこちら

●Facebookページはこちら

●ネットショップ「Creema」はこちら

あわび結び

★横浜市営地下鉄「センター北」駅より徒歩1分、中村瑠水子水引折方教室です★

私の水引制作のこだわりの一つに
「出来る限りあわび結び(あわじ結び)を用いる」
というものがあります。

(その他のこだわりはまたいつかご紹介したいです)

「あわび結び」とは、↓これです
IMG_0504.jpg

(ちなみに「あわじ」ではなく「あわび」と呼ぶのも私のこだわり)


ここから立体のものも生まれますし
IMG_0517.jpg


変化させると原型が全く見えないものもあります。
IMG_0498.jpg


水引を結ぶ、ということは、
手を使うというより前頭葉を使っているような気がします



★ブログへのご訪問ありがとうございました★

●水引教室のホームページはこちら


●ワイヤーアートジュエリーのページはこちら

●Facebookページはこちら

●ネットショップ「Creema」はこちら

プロフィール

瑠水(Lumi*cl)

Author:瑠水(Lumi*cl)
「中村瑠水子水引折方教室」主宰の瑠水です。
横浜市営地下鉄「センター北」駅徒歩1分のアトリエで、水引講習とワイヤーアートジュエリー講習を開催しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム
お問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード