マニアックなコレクション

★横浜市営地下鉄「センター北」駅より徒歩1分、中村瑠水子水引折方教室です★

「ご祝儀貧乏」はあっても、
「祝儀袋貧乏」なんて私くらいでしょう。



私が水引を始めるより前に結婚した友人は1人か2人ほどだったので、
殆ど祝儀袋は買ったことがないのです。

だから知っているのは自分が教わった流儀のものだけ。

年明け、出張先で祝儀袋を買ったのをきっかけに、
ご当地祝儀袋を集めることに夢中になりました。

「ご当地」というのは、流通しているものではなく、
地元の結納店さんが作ってらっしゃるものです。

表、裏、あちこに観察すると違いがあります。
その違いを講習の雑談でお話しています。

先週は地元の兵庫県に帰っており、姫路市内の結納店でお買い物。

祝儀袋を見せてください、という私に
「お祝いするのは男性にですか?女性にですか?」と店員さん。

「え、、、っと。。。
自分のコレクション用です。」

びっくりしますよね、当然。
こんな客初めてだと言われました。

変な客に親切に色々教えてくださいました。
「ことぶきや」様、ありがとうございました!

しかも筆耕までしていただきました!
関西は短冊は使わない所が多いようです。



こちらはお祝いセット。
熨斗と末廣と共に。



こちらは京都の平井結納店様に作っていただいたもの。



こちらもまた美しいです。
いつも丁寧に教えてくださって感謝です。

京都と姫路、共通点だらけで同じ文化圏だなぁと思いました。

私の祝儀袋コレクションは、
東京、名古屋、京都、兵庫、石川、香川、福岡の祝儀袋と、一部不祝儀袋。
今度岐阜に探しに行きたいです。
東北地方の物を見てみたいんですけど、
今のところ見つからず探しているところです。

流通が発達した現代、地域性を探るのは難しいですが
ネットで作り手を探すことが出来るのもまた現代。

私なりの分析ですが、生徒さん達に伝えていきたいと思います。

★ブログへのご訪問ありがとうございました★

●水引教室のホームページはこちら


●Facebookページはこちら


●Instagramアカウントは
lumi_cl

テーマ : ■ハンドメイド教室・講座■
ジャンル : 趣味・実用

tag : 水引 水引教室 習い事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

瑠水(Lumi*cl)

Author:瑠水(Lumi*cl)
「中村瑠水子水引折方教室」主宰の瑠水です。
水引歴20年、アトリエ教室は横浜市営地下鉄「センター北」駅より徒歩1分

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム
お問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード